簡単に出来る骨盤状態の歪みチェック

普段の何気ない生活の中で骨盤が歪むことがあります。ただ、骨盤の歪みというのは時間をかけて少しずつ起こるため、自分ではなかなか気づきにくいものです。骨盤が歪むことで体に様々な影響が出てきます。では、自分の骨盤の歪みをチェックするにはどうすれば良いのかというと、まずは足踏みテストと呼ばれるものがあります。このテストでは、まず最初に床に姿勢を正した状態で立ちます。そして、その状態で目を閉じてその場で腕を大きく振りながら太ももを上げ、1分間ほど足踏みをします。1分経ったら目を開けて最初に立っていた場所からどれだけ動いたかをチェックします。もし、1メートル以上動いてしまっていた場合は骨盤が歪んでいる可能性が高いです。最初の位置より右に動いた場合は右肩が下がっている状態、前に動いていた場合は前側にずれている、つまり猫背ということになります。また、日常生活の中でチェックする方法もいくつかあります。まず、靴の片方ばかりがすり減っている人は体の左右のバランスが崩れている可能性が高いです。また、立っている時に片方の足に重心を置いている人も体が歪んでいると思われます。座っている時に足を組むと体が歪みやすくなるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。