骨盤が歪むと体に悪い?歪みの影響とは

骨盤は仙骨と寛骨と尾骨という3つの骨によって成り立っています。体の中心的な存在ともいえる機能を持ちますが、支える関節は1つで主に筋肉とじん帯の力のみで支えている為非常に不安定で歪みやすい骨といえます。正常な人の骨盤は逆三角形の綺麗なハート型をしています。骨盤が歪んでくると四角く開いたり、前後左右にねじれるなどの変形をきたします。あまりに悪化すると上半身を支えている背骨や、下半身の大腿骨へと影響し全身が歪むなんていう事態にも陥りかねません。歪みよる体内への悪影響には実に様々な症状があります。新陳代謝が低下することにより、冷えを感じやすくなるといいます。また骨盤を支える体幹部の筋力が弱まると、下半身がむくみやすく疲れやすい体質になるといいます。さらにお尻が突き出て下腹がポッコリと張ってしまったり、背骨に影響して猫背になるなど姿勢の悪化の症状が出ます。姿勢が悪くなることで、血行が滞り肩こりや腰痛の原因にもなりえます。女性にとっては重大な生理不順や生理痛の悪化などにも深く関係しています。このように骨盤の歪みは様々な悪影響を引き起こす要因になる症状です。普段から意識して体操やストレッチを行うなど、歪みを解消するケアを習慣的に実践することが大切です。